債務整理と言っても、方法はいろいろあります@あなたに合った方法はどれでしょう?

借金問題が初期の場合に行う任意整理

いろいろある借金問題解決方法の中で任意整理という債務整理による借金解決の方法がありますが、法律の力を借りて借金問題の解決を図る方法とは違って裁判などをしないで借金の整理を進めていくことができます。

しかしながら金融機関との交渉においては金融や法律に対しての知識がある方が有利に交渉を進めて行くことができるので、一般的には他の債務整理の方法と同じく弁護士や司法書士に依頼するケースが多くなっています。

今ある借金の金額を変えることなく借金整理を進めて行くのが特徴になっており、返済の方法を見直すことなど返済に負担を掛けないことをメインに考えるので、収入がないと適用は難しいものの一定の収入があって借金の金額がさほど大きくない場合は有効な手段となります。

任意整理を進めて行くにあたって借金の金額が大きい場合は借金の返済方法を見直すだけでは解決が難しいので他の方法を用いて債務整理をすることになりますが、債務整理のステージが上がれば上がるほどリスクも高くなるということを覚えておきましょう。

借金が蓄積されるようになってくると収入を増やす以外の解決方法が難しくなり、多重債務になってくると節約をしてお金を浮かすくらいではどうにもならない問題になってきます。

いずれにしてもお金を借りる機会がある場合は返すことまできちんと考えた上で負担ない範囲で借りることが借金問題を防ぐために重要なポイントになってきます。

借金の返済に困ったら法の専門家に解決してもらいましょう

任意整理のメリットとデメリット

任意整理をすることによって既存の借金問題を解決することが可能ですが、メリットとしては手続きが終わった途端から利息の支払いの免除を受けることや金融機関からの催促などがストップします。

今でこそ悪質な取り立てや催促をする金融機関はほとんどいなくなっていますが、それでもしつこく催促を受けていると気持ちが参ってしまうので、気持ちの面から考えた場合も任意整理の手続きをするだけでメリットがあります。

他の債務整理と比較した場合に受けるペナルティが少ないのもメリットですが、債務整理は自分が本当は返さないといけないお金を返せなくなった自分の責任でもあるため、当然ながらペナルティを受けます。

しかし、任意整理の場合は既存の借金を減らすことなく借金完済を目指すことが目的となっているので他の方法の債務整理と比較した場合にペナルティも小さくなっているわけですが、それでもブラックリストに名前が入ることは他の債務整理と共通しています。

そのため無事に借金問題の解決を図ることができても、それから後は金融機関が提供するローンサービスやクレジットカードを作ることができなくなってしまいます。

任意整理をする前に複数の借金がある場合は一つにまとめて自力で返済することができる可能性を考えることや今よりもさらに低い金利でお金を借りる借り換えローンを利用することもおすすめです。

任意整理を検討する場合は他の方法も考えた上で検討するようにしましょう。

収入がある場合に可能な個人再生

消費者金融が提供するカードローンや信販会社が提供するクレジットカードなどのサービスが普及したことによって生活がより便利なものになりましたが、特にネットが普及して金融サービスにもIT化の波が進んだことによって以前より利便性がかなり向上しました。

お金を借りて返すことができなくなった場合に債務整理という方法を用いることで借金の問題を解決することができることがありますが、債務整理と一言で言っても借り入れている状態や収入に応じてさまざまな種類を選択することができます。

一般的には借金のレベルがそこまで高くない場合は任意整理から検討することが多いのですが、一定上の借金になってくると借金そのものを減額する必要が出てくるので、そうなった場合は個人再生のように裁判を通しての借金問題解決になってきます。

個人再生は直接的に借金を減らすことによって完済しやすい状態を作るというものであるため、借金を完済するというゴールがあるだけ自己破産をするよりも受けるペナルティは少なくなっています。

個人再生をする場合は弁護士や司法書士などに依頼する形が一般的となっていますが、法律の専門家に依頼することでスムーズに債務整理を進めて行ってもらうことができます。

ちなみに特定調停とは少し内容が違っていて特定調停は簡易裁判による手続きになるので個人再生と比べると手続きにかかる時間は短いメリットがある一方で減額できる金額は少なくなっています。

このページの先頭へ戻る